平成27年度調査研究グループ活動、情報交流ワークショップ(サロン)の参加者を募集しています

平成27年度の調査研究グループ、情報交流ワークショップ(サロン)のご案内です。
※随時更新中
下記に一覧があります。参加者の募集を行っている案件でご興味のあるものがございましたら、各グループへ連絡してください。

Ⅰ 調査研究
無線を活用した有事の際にも使える情報発信の技法について研究
【代表者:NPO法人HINT 井上あい子】
【問い合わせ窓口】
氏 名:福田 宏司
所 属:BAN-BANネットワークス(株)
役 職:経営企画部 部長
電話番号:079-441-7225
FAX番号:079-441-7336
メ ー ル:hiro@banban.co.jp
研究調査概要
通信インフラの特性を勉強します。伝送の秘匿と効果的な情報発信の手法を模索します。  有事に強い今年度から始まる無線伝送方式の特性と理解を深めます。ご興味ある方の参加をお待ちしています。8月7日(金)17時締め切りです。参加希望者はメールにて件名を「ニュー協調査研究参加希望」と記載して、上記メールアドレスまで連絡先をお送りください。

大学教育でのデジタル教科書、デジタル教材の発展と今後の課題
【代表者:神戸山手大学現代社会学部准教授 飯島香織
【問い合わせ窓口】
氏 名:飯嶋香織
所 属:神戸山手大学現代社会学部
役 職:准教授
電話番号:078-371-8000
メ ー ル:k-iijima@kobe-yamate.ac.jp
研究調査概要
調査研究ではデジタル教科書、デジタル教材を使用することによって教育上の効果があるのか、さらに授業そのものを支えるコンテンツ、デバイス、ネットワーク及びプラットフォームなどの現状と課題を探ることである。時間的に余裕があれば、留学生を対象とした南海トラフ巨大地震など災害対策を中心にした防災に関する多言語の短いコンテンツを作成したいと考えている。参加を希望される方は連絡先などをご記入の上、上記メールアドレスまでお送りください。ご興味あるみなさまのご参加をお待ちしています。

Ⅱ情報交流ワークショップ(サロン)
兵庫における新たなIoT活用事業の検討
【代表者:西日本電信電話株式会社兵庫支店 村田真也
研究調査概要
ひょうごICT戦略の「2020年へ向けてのICTのキーワードと将来の姿」である「モバイルファースト」「オープン」「コネクト」「セキュリティ」の「コネクト」部分の深堀を行う。農業IT分野の視察を中心に、IoT活用事例を調べて、兵庫で適用できるモデルを検討する。

源流をたずねて 完結編
【代表者:行政書士中川事務所 中川彰二】
研究調査概要
安心安全な観光情報学という観点から、「渓流」がもつ潜在的なコンテンツを、その地域の活性化のために、役立てる手法について、考えていきます。本年度は完結編として、現地への視察も予定しています。